最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 本を読む⑦ | トップページ | 昼食問題④ »

まずい話①

う~ん。そんなに体験はないな

 まずくて、まずくて、店から出たって体験はないですね。

 性格がおとなしいからかと思いますけど、昔からの教育もあるんですよね。親から、とにかく、食い物を残すことが犯罪のように躾けられた(←それについては自信がある)からなあ。だから、とにもかくにも、食ってしまうのかな。でも、づかこくんご指摘の永平寺そばは、筋金入りにまずかった記憶は残ってます。 Dscn9260
 中島らもだったと思いますが、渋谷のガード下にあった立ち食いソバ屋は、「自重」に耐え切れず、そばを持ち上げるとずぼずぼ自沈していくすばらしいそばだったといいます。

 でも、会社の人民食堂でもいいけど、まずいものを食べてる人って、顔が変わってくるのな。「なんだこれは」って顔になるのが面白い。

 かつて、鬼は会社の人民食堂で冷やし中華を食べ、見る見るうちに不機嫌になり、「糞を食っていると思った」と言った。私が目撃者だ。

« 本を読む⑦ | トップページ | 昼食問題④ »

酒と美食」カテゴリの記事

コメント

日本人は何時からそんな贅沢な事を言うようになったのだ。君らは国賊だ。今日夜食堂で「ホッケのフライ定食」を食べさせていただいたが、鼻をつまんで食べたら、なんとかのどを通ったぞ。薬は苦いほど効くというではないか。要するに心頭滅却だ。

大昔、墨田区の東向島のそば屋に親方と入った。
何故か、二人冷やし中華を頼んだ。
すげー、不味かった。
千切りキャベツは合わないだろうが。

大昔、親方と東京御茶ノ水で、喫茶店に入った。
1時間くらいで、追い出されてしまった。
味よりも、店のオヤジの態度がスゲー、不味かった。
もう、店ないよ。

>づかこさま
よく、覚えてるなあ!「冷やし中華事件」は私も覚えているけどさ。「お茶の水喫茶店事件」はまったく、記憶にないよ。
でも、冷やし中華って、まずいものにあたると、本当に、心底底まずいんだよな。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まずい話①:

« 本を読む⑦ | トップページ | 昼食問題④ »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31