最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ジャズ、イズ⑦ | トップページ | ブルース・オン・マイ・マインド① »

ジャズ、イズ⑧

ピロー・トーク、もしくは化学反応

ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン(紙ジャケット仕様) Music ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン(紙ジャケット仕様)

アーティスト:ヘレン・メリル
販売元:ユニバーサルクラシック
発売日:2004/02/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 1954年リリース。日本でいえばまだ昭和20年代。古い1枚なのに、いまだに名盤の名を誇るままにしているよなあ。アレンジがクインシー・ジョーンズ。当時21歳だってさ。
 甘い歌声。私なんか、女性ジャズボーカルというと、阿川泰子とか、あのへんの「ゆるさ」をもったシンガーしか、イメージできないんだけどね。あまり聞いてないからさ。

 でも、ヘレン・メリルもそんなに「凄み」は感じないんだよな。ベッドで甘えた声を出す女、ピロー・トークをする女のイメージかな。

 でも、そのかったるさが、クリフォード・ブラウンのトランペットとあいまって、すごいことになってしまう。

 その辺がジャズの面白さ、化学反応なんだろうな。

« ジャズ、イズ⑦ | トップページ | ブルース・オン・マイ・マインド① »

音楽」カテゴリの記事

コメント

血圧値の異常。投薬もしくは禁煙。近いうちに沙汰があります。もう若くないのですね。

人間ドックで玉砕した会会長さま

情けないこというなよ。君はまだ若いぜ、空手マン!
まだまだ、がんばろうぜ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ、イズ⑧:

« ジャズ、イズ⑦ | トップページ | ブルース・オン・マイ・マインド① »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30