最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 霊人亭の日々② | トップページ | 黄金の舌のために① »

ジャズ、イズ①

 

ライヴ・アット・バードランド Music ライヴ・アット・バードランド

アーティスト:ジョン・コルトレーン
販売元:ユニバーサルクラシック
発売日:2004/06/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ジャズなんてつまらねえと、思ってました。
 でも、いけますよね。
 何というか。聞きたいんだよね。
 ロックでも、クラシックでもない何かを。

 もっと、もっと、語れる何かを語りたいよね。

 ちなみに現在、聞いているのはジョン・コルトレーンの「アフロ・ブルー」。かなり、ジャズファンの間ではオーソドックスだよな。でも、行ったこともないアフリカン大陸の、地平線の向こうの青い夜明けが見えてくる。そんな、イメージを喚起する曲ゆえに、僕は昔から聞いている。

« 霊人亭の日々② | トップページ | 黄金の舌のために① »

音楽」カテゴリの記事

コメント

そうです。JAZZって人生なんです。人生いろいろ。

晴れたの空みたいなナベサダの
カリフォルニアシャワーが昔からスキです。

先日、談志・歌丸の落語聞いてきました。
まー談志が落語なのかどうかは別として…
二人ともまだ生きてました。
アフリカン・ルーレットって知ってますか?

フォークの話もしてよ。
私の拓郎ベスト3
1、僕の唄は君へのサヨナラ
2、竜飛崎
3、君が去りし後

アフリカン・ルーレットって、女が何人かいて、そのうちの1人がエイズにかかっているとかいうやつでは? 談志、落語はやらなかったのですか? 歌さんもなあ。ようやく「笑点」の司会者になれるのはいいけどね。

たくろうの僕のベスト盤は「元気です」さ。
親方は、「人生ー」だよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ、イズ①:

« 霊人亭の日々② | トップページ | 黄金の舌のために① »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31